~後悔を渡る~

後ろを悔やまず 後ろを引きずらず 過去を糧に前を向いて歩く そんな不定期(笑) ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仕事には命をかけた

排斥前つまりJW的に『弱っている』頃、僕は開拓者and奉仕の僕時代に入ったホテルマンの仕事に熱をいれはじめた。同僚JWの周りは皆開拓者だったが、僕は社員を目指す様になった。
仕事を軽んじる彼らと自分は違う事を上司に示す為にがんばった
この会社は前任のGMがJW大好きだった為に夜勤は全員JWだった

現GMは今も親友だがJWの働きぶりには疑問をもっていて何度か説明していた『彼らは仕事よりもっと大事な物抱えてますから』となだめ
JW的に『つまずかせない』ように間に入っていた。
JWの頃からたまに流されはしたが『仕事をまともに出来ない奴は家庭人としても人間としてもダメだ』と思っていた
自分のJW義父を見ていたから・・・・・・
それから
仕事に自信を持ち始めて排斥されたのでまだよかったが
生き生き生活できるには時間がかかった

でも生きる為に自分に価値を見つける為にがむしゃらに働いた

恐らくJWの時より正直に誠実に感謝を込めて働いた 休まず働いた 誰よりも敬意を込めて誰よりも難儀を選び誰よりも笑顔で誰よりも年配者に気遣いもした
恐らくJWの時より心から人に感心を持てたこれこそ『模範的』 (笑)と今思う。
そして一年で認めて貰い
責任者になった
[仕事には命をかけた]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/03/21(土) 00:48:14|
  2. 自分を見付けるまで
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。